ハーバード合格!松野さん卒業した学校はどんな学校?英語の勉強方法は独学?!

ハーバード合格 松野さん 人物

松野知紀さんは、地方の公立高校からハーバード大学に合格しました。

なんと松野さんは海外長期生活経験はありません!

それなのにどうやって超難関のハーバード大学に合格できたのでしょうか?

  • 松野さんの通っていた公立学校・茨城県立日立一高はどんな学校?
  • 英語の勉強はどのようにやっていたのでしょうか?

を調べてみました。

 



松野さんの通っていた公立学校はどんな学校?

ハーバード大学に合格した松野知紀さんは日立市出身です。

通学していた学校はすべて公立の学校です。

小学校は割り当てられた学校に通っていますが。中学受験をして県内では数少ない公立の中高一貫校に通いました。

 

松野さんの卒業した学校はどんな学校だったのでしょうか?

松野知紀さんの卒業小学校は市立田尻小学校

松野知紀さんの通っていた小学校は市立田尻小学校です。

市立田尻小は一般的な公立小学校で全校生徒445人

1クラス28人(2021年調べ)ごく一般的な公立小学校です。

(所在地:茨城県日立市田尻町4-39-1)

 

松野さんは中学受験をして中高一貫の日立一高付属中学に進学しました。

松野知紀さんの卒業した中学校

松野知紀さんの進学した中学校は日立一高付属中学です。

偏差値は56・茨城県内初の中高一貫校

学校の理念はこちらです。

教育理念は高い志 科学する心 未来を拓く力」を教育理念に掲げ,教育目標「豊かな人間性と高い知性を有し,日本そして世界の未来を拓く次代のリーダーを育成する」の具現化を目指した学校づくりを行う。

日立一高付属中学校はどんな学校でしょうか?

学校の口コミはこのような感じでした。

  • 勉強の進度がとても早い、課題も多く勉強が大変。
  • 学習環境は近隣の私立中と比べると格段にいい。
  • 部活動がさかんで全員部活に加入義務
  • 公立の中学校でありながら私立の中学校並みのカリキュラム

高校入試は一貫校なのでありませんが、とにかく勉強・課題がハードなようで落ちこぼれると這い上がれないので必死な生徒も多いようです。

 

日立一高付属中学住所:茨城県日立市若葉町3丁目15番1号

松野知紀さん卒業した学校日立一高

松野知紀さんが卒業した日立一高は付属の中学から進級してくるため、受験勉強はありません。

偏差値は66

茨城県内の偏差値は6位/16件 全国では526位/10,025件

 

日立一高は高校2年生から「普通科」「サイエンス科」とコースがあり、「サイエンス科」は難関大学に対応できるように進学のサポートが厚いことで知られています。」

部活動においては、サッカー部が全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝の経験があるほか、野球部は茨城県の強豪として知られています。また、ラグビー部は茨城県内で公式戦111連勝を達成したことがあるほどの強豪です。

日立一高の口コミ

  • 校則は最低限度のものしかない
  • いじめは少ない。いじめが起こる環境ではない。
  • 学生の自主性が求められる、自主自立
  • 勉強がたいへん、生徒の学習意欲がかなり高い
  • 進路のサポートが充実している。
  • 部活がさかん
  • 制服がないので女子はなんちゃって制服を着用している生徒が多い

校則もほとんどなく制服のない、自由な校風の日立一高は生徒のやる気・自主性を大切にしています。

特に「サイエンス科」は優秀な生徒が多く、勉強に熱心。

教師も個性的な先生が多く、授業が濃密と言われています。

 

松野さんは自由な校風の中でしっかりと勉強して、日本の大学ではなく海外の大学進学を目指したのでしょう。

英語の勉強は独学?どのようにやっていたの?

ハーバード大学に合格する英語力を、松野さんはどのようにみにつけたのでしょうか?

松野さんは長期の海外生活経験はありませんが、短期留学はシドニー・フロリダに行かれています

松野知紀さんは幼い頃から地域の英会話教室に通うなど英語に親しんできましたが英語は苦手だったそうです。

松野さんは英会話能力が格段に向上した、英語学習についたこう述べていました。

リセマムインタビュー記事・地方公立校でも勝つ法則

中学校の副教材だったニュートレジャー(Z会)です。難易度がとても高かったのですが、授業についていくために必死に食らいつきました。幼い頃に英会話スクールに通った経験で、発音に関しては心理的な障壁がなかったので、あとは独学で、DMM英会話のアプリを使って学びました。毎日25分の教材なんですけど、中1から毎日欠かさず続けています

スマホには、TEDやTOEFLのアプリを入れて活用しています。BBCなど海外のニュースを意識的に読むようにしています。僕のスマホには、そういう実用的なアプリばかりがインストーされているので、それを知った担任の先生が、クラスの友人たちに「松野のスマホを見習え!」と言っているそうです

引用:リセマムメンバーズ

松野さんは中1から毎日欠かさず、DMM英会話のアプリを毎日25分勉強して英語力を独学で身に着けたのですね!

松野さんは情報をネットで収集しうまく活用して自分の道を切り開いてきました。

 

また松野さんは高校1年の時には、国際学生サミット(中国・北京)に日本代表として参加。ロシアの公共交通システムについて提言し、表彰を受け、その後もG20大阪サミットの関連行事のY20(ユース20)などに出席しています。

それらの経験を英文のエッセイにして受験校に送り、実績や取り組みが評価されてハーバード大のほかカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)やペンシルベニア大など22校に合格しました。

松野さんは

ハーバード大では主に政治学を学び、将来は国際機関やシンクタンクでの勤務、政治家の道も視野に入れている。「マイノリティー(少数派)の意見を考慮できる政策作りの仕組みを形成したい」と言っています。

卒業された日立一高の自由で自立した校風の中で情報をうまく使い世界の道を切り開く松野さん、将来が楽しみですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました