松本潤さんは

初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。
嵐として 2020年いっぱいまでは走り切りたい思いから、返事はできず

そして年が明けてから今一度考えなおして挑戦を決意されたそうです。