【赤羽】ほっこり癒しの小料理屋<麹料理・花恵>

食べ物

【赤羽】食レポ部・<美味しい穴場のお店見つけ隊>

隊長のたーこです。

日々美味しい穴場のお店を探して、自転車で走り回っております。

今回ご紹介しますのは<麹料理・花恵>さんです↓

花恵入口

<麹料理・花恵>さんは

麹を使ったメニューを提供するお店です。

 

この記事では<麹料理・花恵>の

  • お店の外観・内観
  • 私が食べたランチ
  • 麹料理をメニュー化した理由
  • お店の場所・営業時間・定休日・インスタ・Twitter

について紹介していきます。(写真は全て私が撮影したものを記事にしています)

 



<麹料理・花恵>さんの外観・内観

ララガーデンを抜けて志茂商店街を歩くと、こんな看板があります。

三角看板

体に優しい料理って、どんなのかな?「ほっとできるお食事」ひかれますね

ランチをいただきに入ることにしました。

 

看板脇の路地を入ると、お店の入り口があります

 

お店の入り口はこちらです↓

花恵入口

普通の民家のような感じで、親しみやすい

お友達の家に遊びに来たような感じですね。

 

中に入ると、お店の中はテーブル席が右側に2卓

内観

壁に描かれたかわいいお花の絵や、カレンダーの花の写真

さりげなく花で彩られほのぼのしてます。

 

カウンターは5席です。

 

こじんまりとした店内は、家庭的な雰囲気で居心地の良さを感じました。

店内カウンター

 

コロナ対策のアルコールは、入り口とカウンター・各テーブルの上にも置いてありました。

<麹料理・花恵>さんで私が食べたランチメニュー

ランチの週替わり定食メニューは、お店の入り口の黒板に書かれています。

本日のランチ

テーブルの上にもメニューがあります。

ランチは小鉢2、みそ汁、デザート付きです。

メニュー

小さな子供を連れて、ごはんを食べられるお店は少ないので

お子様メニュー(小学生以下限定)もあるのがうれしいですね。

 

ドリンクメニューはこちら↓

(定食もしくはセットメニューを注文の方はソフトドリンク1杯目¥150)

ランチメニュー

私がいただいたのは牡蛎ポンバター丼¥850

その日の小鉢は水菜のサラダ、切り干し大根、浅漬け、デザート(オーギョーチ)

牡蛎ポンバター丼

牡蛎ポンバター丼はぷりぷりの牡蛎を麹・かぼす・バターとポン酢で炒めた

さっぱり味のどんぶりです。

 

切り干し大根の煮物も、みそ汁も全体的に優しい味でした。

デザート(オーギョーチ)は台湾のデザートで

レモン風味のさっぱりとした味のゼリーです。

 

お料理全体に体がほっとする、懐かしい優しさ・暖かさを感じました。

 

オーナーはこちらです↓

花恵オーナー

『身体に優しい食べ物を食べてもらいたい』

その気持ちが料理に込められているようです。

 

テーブルにあるこちらの表からもその気持ちがわかります。

身体に必要な栄養素

カウンターにおいてあったお勧めドリンク酸梅湯(さんめいたん)

台湾製とはどんな飲み物?と思い頼んでみました。

サンメイタン

台湾の伝統的な飲み物・酸梅湯(さんめいたん)

飲み方は炭酸・水・お湯わり・焼酎とあります

寒かったので、お湯割りでいただきました。

 

甘酸っぱくて美味しかった。韓国の美酢のざくろ味ににています。

サンメイタンお湯割り

塩麹バニラアイス¥450もおいしそうでしたので、食べちゃいました。(≧▽≦)

 

デザートアイス¥450

塩気はほとんど感じませんが、さっぱりとしながらクリーミィで

はちみつの甘さが味わい深く、とても美味しかったです。

<麹料理・花恵>さんが麹料理をメニュー化した理由

 

オーナーが日本の伝統料理に着目し、日常生活に取り入れやすく

モデルになるような料理を提供しょうと考えて

どんな料理・食材もまろやかに、おいしくする麹

を使ったメニューを作りました。

 

その優しい味にお客様は、家族連れから男性・女性のお一人様も多く

地元の方々に愛されているお店でした。

麹・こうじとは?

麹について調べてみました。

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。

出典:wikipedia

 

 

麹を使った食べ物は特別ではなく

気づかないけれど、身近にあるものだったんですね。

麹を使っての浅漬けなら今すぐできそう、今夜の夕食に作ってみよう!と思いました。

<麹料理・花恵>場所・営業時間・定休日

 

場所: 東京都北区志茂2-51-2

営業時間:ランチ11:30~14:30

: ディナー18:00~22:30(ラストオーダーは30分前)

電話:03-4285-5892

定休日:月曜日(他不定休あり)

 

 

本日のランチメニューや営業時間・お休みの変更についてはこちらをご覧ください↓

 

まとめ

この記事では<麹料理・花恵>さんの

  • お店の外観・内観
  • 私が食べたランチ
  • 麹料理をメニュー化した理由
  • お店の場所・営業時間・定休日・インスタ・Twitter

について紹介しました。

 

人気メニューはカレーのようです。

私の隣席の男性が注文されたのを、撮影させていただきました。

キーマカレー

その方はTwitterで<麹料理・花恵>のランチに、カレーのメニューがあることを知り

ランチカレーを食べにきたそうです

カレーのその時々で、中身・味が変わり同じカレーではないので

何度食べても飽きないそうです。

 

 

夜も家族で来店される方、お酒を飲む方、定食いただく方など

お酒を飲まなくても来店する方が多いそうです。

 

女性のおひとり様も、珍しくないそうなので

旦那さんがいない一人の夜ごはんの時も、行ってみたいなと思いました。(#^.^#)

 

私もなんでも美味しくしてしまう、素敵な調味料<塩麹・醤油麹>を積極的に使い

お料理のレパートリーを広げてみたいなと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました