なぜ新垣結衣の結婚相手は星野源だったのか?ガッキー理想の結婚観から考察

新垣結衣 なぜ血痕星野源 人物

新垣結衣さん・星野源さんが結婚を発表されました。

2016年の「逃げるは恥じだが役に立つ」のドラマの時から、二人の雰囲気はとても良かったので結婚も納得です。

 

しかし多くのイケメン俳優さん・共演者の男性からも「すごくかわいい!」「すごくいい子!」「フアンです!」と言われてきたガッキーは実生活でも、モテモテだったと思います。

人気女優なのに普通の女の子>と言われる

ガッキーはなぜ星野源さんと結婚しようと決めたのでしょう。

新垣結衣さんの「理想の結婚」について聞かれたインタビューから、ガッキーの理想の結婚観・星野源さんを結婚相手に選んだ理由を考察してみました。

新垣結衣さんの結婚観・結婚相手に求めることは、多くの婚活女性が求める事と同じかもしれません。



新垣結衣の理想の結婚観

新垣結衣さんは「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが、偽装結婚からの恋愛ということで2016年は結婚観や理想の結婚相手・理想の結婚生活についてのインタビューが多くありました。

その中からガッキーの結婚観をいくつか抜粋してみました。

結婚の時期について「5年後、33歳くらいになったら視野に入れていたいですね」

理想の結婚については「ちゃんと好きな人と好き同士で一緒にいたいなっていうのがやっぱり理想」

2016年10月23日 日刊スポーツ東京

 

結婚時期が33歳ということでまさに2021年はその年です。

出産を考えると多くの女性も同じ意見の方は多いのではないでしょうか?

結婚・事務所退社なども33歳という年齢をもとに準備していたのかもしれません。

ガッキー結婚観

2016年10月23日 日刊スポーツ東京

「ちゃんと好きな人と好き同士で一緒にいたい」

ガッキーは結婚したら一緒にいる・過ごすことに何より大切に思っているようです。

もしお互いが忙しすぎて一緒にいる時間が難しいなら、芸能界にガツガツしていないガッキーは仕事より家庭を取るかもしれませんね。

そのための事務所退社だったとも考えられます。

 

2016年「ar」10月号の雑誌では理想の結婚相手についてこう述べています。

一緒に何かできる方が嬉しい。それぞれ互いの楽しいことをシェアして共有し合える仲だと嬉しいな

 

2016結婚観 ガッキー ar

2016年新垣結衣結婚で譲れないポイントは?「ar」10号

2016年「ar」10月号

女性にとって共感して、一緒に行動がとれる旦那さんって大切なポイントですよね。

当たり前ことのようですが、男性は自分の趣味・遊びを優先して家庭を後回しにしている方が多いです!

結婚生活はきれい事じゃない

ガッキーは「逃げ恥じ」ドラマの影響もあり、結婚生活に対して現実的・冷静のようです。

「2人が気持ちで結ばれた後もどんどん問題は出てくるわけで、結婚ってきれい事じゃないんだね、誰かと一緒に生きていくってきれいなものだけでは無理なんだね」

2017年5月2日日刊スポーツ

まさに結婚は終わりではなくスタートです。

結婚して、生活が始まれば生活スタイル・食事・なにげない習慣で問題はでてきます。

子育ては特にきれいごとではすみません。

日刊スポーツ2017年5月2日

理想の結婚生活を新垣さんは「普通で当たり前な空気感」と表現してます。
「仲良しでいられる関係がいいですよね。同じ空間にいることが当たり前でいたいというか、結局は他人なので時間がたつと、疎ましく感じてしまうこともあるというお話も聞きます。だからといって干渉したいわけではなく、一緒にいる空間が、普通で当たり前な空気感になれたらいいなと思います」「ドラマを通して『(結婚は)それぞれの価値観で、いろんな形があっていいんだな』と、改めて思いました」
お互いがほどよい距離感で生活できるって、他人同士が家族になるために大切ですね。
人気女優さんなのに、<普通の女の子>と言われる新垣結衣さんは普通で当たり前の価値観をなにより大切にしているようです。
そこがガッキーらしい清潔感・透明感なのかもしれません。

ガッキーからみて結婚相手としての星野源

ガッキーの結婚観をインタビューからまとめると、このような感じになります。

  • 一緒に行動がとれる人
  • 一緒にいても負担にならない空気のような存在。
  • 干渉しすぎることなくお互いにいい距離を保ちたい。
  • 普通の価値観を大切にしたい。

 

星野源さんはどのようなところで新垣結衣さんに、一緒にいて負担にならない・普通の価値観を持っている自分をアピールできたのでしょうか?

 

2017年、同作で日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演女優賞を受賞した際、新垣結衣さんは星野さんのことをすごく褒めてくれる人といっています。

「星野さんがすごく褒めてくれる人なので。もういいってくらい褒めてくれる」と明かし、「私もお返ししたいなと思って、頑張って言葉にしてみたら、とてもいいことだなっていうか、人に言ってみるのもいいことだなって思いました、ちょっと照れくさかったりするんですけど

日刊スポーツ

ガッギーが人に褒められるってことは、今までも何度もあったと思うのですが。

星野さんの褒め方は「もういいってくらい褒めてくれる」とあるように小さなこと。

なかなか気づかない小さな事も褒めてくれたのでしょう。

 

相手をよく観察し・話を聴く・相手のささいな価値観も認めなければ、相手の心に響く褒め言葉にはなりません。

 

きっとガッキーが源さんに料理を作っても「おいしい!おいしい!」とすごく喜んで褒めてくれたのかも。そうゆうのって大切です!

星野源さん公開プロポーズ?

星野源さんが2020年5月に上梓した自身4作目のエッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA)。

この中で「新垣結衣という人」と題して、彼女ついて素敵だと感じたことを綴っているというニュースがありました。yahooニュース

(クリックすると楽天ブックジャンプします)

星野源さんが2020年5月に上梓した自身4作目のエッセイ集『いのちの車窓から』

「普通」であることは、芸能界という特殊な環境ではとても難しいことについても綴られている。そのなかにあって、その「普通」を獲得した新垣結衣という人のすごさを称えて、最後にこの一文で締められている。  <あなたは本当に素敵な、普通の女の子である>

星野源さんはガッキーが大切にしている「普通」であることが芸能界という特殊な環境ではとても難しいこと理解し、共感を公開ラブレター?ともいえる形で表現しています。

体当たりのプロポーズともとれるエッセイと、最高の褒め言葉・常日頃からの気遣いがガッキーの心をゲットできたのですね。

ガッキーの理想の結婚観とは

この記事では新垣結衣さんの今までの結婚に関するインタビューから、理想の結婚生活・理想の結婚相手を考察してきました。

新垣結衣さんの理想の結婚相手はインタビューからこのように推測されました。

  • 一緒に行動がとれる人
  • 一緒にいても負担にならない空気のような存在。
  • 干渉しすぎることなくお互いにいい距離を保ちたい。
  • 普通の価値観を大切にしたい。

 

星野源さんは努力家で当たり前の感覚を大切にしている人です。

【一緒に生きていける人】【普通を大切にする】と価値観が合ったのですね。

 

ガッキーのインタビューで絶対に結婚で譲れないポイントは

「相手に、私の“ネボスケ”をどうか許してほしい」そうで「寝ることが本当に好きなんですよね。3度寝最高(笑)」

 

ガッキーなら寝顔も可愛いから“ネボスケ”なんて問題ないですね!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました